コーヒー1杯から始まる物語。
海を眺めながらのコーヒー 深呼吸
そして、カウンターでささやいてみてください。多くの人は日常、体の事、気になる事、話をする機会が少なくなってきています。
なにげない事を話をしてみる。何かすっとして元気が出てきたりします。今度はカフェマスターの話を聞いてみてください。心にとまるかもしれません。この呼吸が健康物語のプロローグです。
次に2度目の訪問。物語が始まります。(2度目が大切)
これまでの人生で1度しか行かないカフェが多くありませんか?最初の様子次第なのですが、2度目は自分の意識の表れ。行動が変わろうとする時です。健康づくりは覚悟を決め行うことではなく、さりげなく、自分の呼吸ではじめるもの。コーヒーを味わいながら調整の始まりです。
ヘルスケアスタジオといっても基本的にはカフェですから、ご自身が話をされない限り健康状態を伺うことはありません。もちろん、食べること、運動することが生きがい、趣味の方はどんどんお話いただければ、専門的なスパイスをすこし加え楽しさを広げることはありますが。ふうっと、最近の体調をつぶやいてみてください。
話すこと、聞くことは心のキャッチボール。少しづつリズムができ、あなたのヘルスコミュ二ケーションが生まれます。気をつけないといけないのは、いきなり自分の話ばかりすること。しかも自慢話や仕事、病気の話だと空気をつくりにくくします。とりわけ病気の専門的な話は個人(パーソナル)での対応と仲間(コミュニティ)での対応を行っておりますので、少し様子を教えていただければ相談しやすい場づくりをいたします。
健康生活のバランスは自分で気づくものです。ヘルスケアスタジオでは、仲間との会話や専門的なアドバイスがきっかけになり、生活習慣の調整が始まります。
何度か訪れるうちに新たな興味も生まれ、顔なじみの方が行うプログラムに参加してみたくなります。その瞬間が元気が生まれる時、物語の第2章。前向きなご自身に出会えます。そして、話すことと、聞くことは心のキャッチボールであるように。
プログラムも「自分だったら」と思い始めたら物語は第3章へ。ご自身のプログラム、生きがいの場づくりです。誰が生徒か先生か「メダカの学校」スタイルの空間。お互い様のコミニュティが広がります。
健康は自分自身で創造していくもので、一人ひとりがプロデューサーでありデザイナーです。これからの健康物語を創るのも仲間と一緒であれば素敵なページが重なり、豊かな人生であることへとつながります。
グクルの森 宜野座 ヘルスケアスタジオ /首里 座談の間は、そんな空間です。